現在位置はここです

内容

環境保護

資源に対する責任

空気、原材料、あるいは化石エネルギー源:地球の資源には限界があります。主要な原材料とエネルギー資源の限界は、既に射程距離にあります。

この認識は、全ての産業分野の企業が絶えず念頭においていなければならないものです。Schmersal グループは、サステイナビリティに則った経済活動の原則を守り、経済的な目標と同様にエコロジーと社会的観点を同等に取り扱うことを目標にしています。

製品開発

長期的な寿命を持つ環境に優しい製品は、開発部門によって生み出されます。当社の設計者は、新製品の残す「エコロジー・フットプリント」がなるべく小さくなることを念頭においています。そのため、当社の製品は、製造、使用、そして製品寿命サイクルの終わりでの処理および再利用のそれぞれの場面で、環境に対する負担がなるべく小さくなるように開発されています。

その一環として、考え抜かれた資源の使用と、エネルギー効率の高い製造プロセスが含まれます。サステイナビリティの重要なポイントは、製品が長寿命であることです。寿命の長いスイッチは、その分だけ資源の消費を減らします!

エネルギー消費に関して:当社のセーフティスイッチと安全制御装置は、エネルギー消費が極めて少ないです。エネルギー効率の改善に関しては、当社は常に努力をしており、電気、水、熱の消費の減少を7つの生産拠点で実現しています。

環境保護自体を、当社は「ワーク・イン・プログレス」として取り組んでいます。企業全体でのエネルギーバランスを定期的に作成し、省エネルギーの可能性を追求しています。

製造

2006年以来、当社の全製品は、電子・電気製品における特定の危険物質の使用制限 (RoHS) に関するEU規準 2002/95/EG に適合しています。全てのはんだ付けプロセスは、2006年に無鉛はんだに切り替えられています。又、6価クロム含有コーティングの禁止の前から、当社は表面加工を、例えば3価クロムといった他のプロセスに完全に切り換えています。

溶剤は、より環境に無害な方法が他にない場合にしか使用していません。例えば、水性ラッカーへの切り換えは、ほぼ完了しています。さらに、それぞれの生産拠点で、工場内環境保護について従業員の継続的な意識化が行われています。なぜならば、製造プロセス改善に関する最善のアイデアは、多くの場合、毎日そこで仕事をしていて、そのプロセスのことを一番良く知っているスタッフから来ます。

リサイクリング

廃棄物と再利用可能な物質は分別して、可能な限りリサイクリングに回します。オフィスでも紙ごみは、別の一般的なごみと別々に処理します。Resyシステムに登録している企業として、当社はリサイクリング可能な梱包材料を使用しています。

建物と移動手段

ヴッパータールのオフィスビルの外装は、ここ数年間の間に徐々に断熱材で補強されて来ました。暖房費を節約するために、冬季は製造開始時間を1時間遅らせています。工場内とオフィスの照明は、例外なく省エネランプを使用しています。

社用車も、燃費効率と寿命の観点から選択されます。社用車の大部分は、2006年以来燃費のいいディーゼル車に替えられました。小型トラックには、天然ガスが使

コンテキスト・カラム

環境保護のために、それぞれの国で有効な規則を尊重することは言うまでもありません。さらに、製品開発製造の全てのプロセスチェーンにおいて、使用する原材料とリソースの意識的な取り扱いと、環境への最小限の負担、および使用される物質の再利用について細心の注意を払っています。