現在位置はここです

内容

当社の生産体制

品質、柔軟性、そして速度

最も高い品質に関する要求、幅広い製品の多様性、そして短納期:これらが、当社の各生産拠点での中心的な指針要素です。その理由から、意図的に内製を深いレベルで行っており、使用する技術も多様です。このようにして、柔軟性を維持でき、製造のプロセスチェーン全体をコントロールすることができます。

内製の深さ

機械加工
機械加工

30台以上の樹脂用射出成形機が、24時間体制で100トンまでの型締力を用いてヴッパータール工場で稼働しています。中央材料供給システムと自動化されたハンドリング装置が、人手を必要としない作業を可能にします。成形用の金型は、独自の金型製造部門が作成します。

機械的加工部門では、ハウジングおよびその他部品が製造されます。従来の切削加工に並んで、最新のCNCマシニングセンターが使用されています。

電子部品の製造は、ヴッパータールとヴェッテンベルグで複数の製造ライン上で基板プリンター、SMT実装装置、オーブンおよび噴流はんだ槽を用いて行われています。全ての電子部品は、アセンブリ前に多様なテストを通り抜けます。そのためには、手動および自動のコンビネーションによる光学検査と、装置に適した機能テストが行われます。

アセンブリと検査

電子部品製造
電子部品製造

ほとんどの製品が多種類タイプのため、製品の多くは、個別の作業場において一人の人の手で完全に最初から終わりませ組み立てられます。製品シリーズの中で大量に製造される物は、自動化された組立てセルおよびラインで製造されます。

最終組立て工程では、検査器が取り付けられており、検査結果が中央データバンクに保存されます。この様にして、設定値からのずれが早期に発見され、場合によっては対抗処置が施されます。検査機器は、sh内の専門部門で開発され、製造されます。

サステナビリティのために

製品寿命が製品によっては30年以上なことから、部品供給の義務がその分だけ長い期間に及ぶため、柔軟かつ長期的な生産戦略のチャレンジに立ち向かっています。そのための前提として、徹底した製品の標準化と正確な記録がベースになっています。

国際協力

アセンブリ
アセンブリ

Schmersal グループは、現在三大陸にまたがる7拠点で製造を行っています。最近は、2014年にインドのランジャンガオンで新工場が製造ネットワークに組み込まれました。この場合の当社の基本理念は、現地の生産拠点でローカルな市場の要求に対応すると同時に、世界中で統一された製品プログラムの品質を提供するということです。ヴッパータール本工場は「リード・ファクトリー」として、他の生産拠点と協力しながらプロセスの最適化と改善を継続的に行います。統一された製造機械が、ヨーロッパ、アメリカ、およびアジアの工場で使用されることがそのベースになります。

コンテキスト・カラム

生産拠点ヴッパータール
生産拠点ヴッパータール