プレス

高度な無効化防止-汎用取付: RFID使用の新しいセーフティセンサ
Schmersalグループは、より安全なRFIDの検出原理とコンパクトなデザインと長い動作距離を実現した新しいセーフティセンサRSS260を開発しました。

RSS260 は、非常にコンパクトな設計あるいは小型の防護扉であっても、搬送・組立作業の設備での防護扉の位置確認に使用出来ます。Schmersalグループは、新セーフティセンサをAutomatica 2014見本市で発表しました。

RSS260の多様な取付の可能性により、コンパクトなデザインだけではなく、使用者に提供出来る様々なアクチュエータにも対応出来ます。通常のアルミニウム製プロファイルシステムへの取付に適している標準アクチュエータの他に、Schmersalは、非常にコンパクトなデザインで長方形のターゲット、デザイン性のある機械・設備やプレキシガラス製防護扉用のRFIDセーフティセンサ向けで非常に平坦で長いアクチュエータなどを提供しています。

Schmersalにより開発されているセーフティセンサは、RFIDに基づきアクチュエータの個別コード化を実現するため、全ての仕様で高度な無効化防止が可能です。センサは、基本仕様では、それぞれ適切なRSS関連のターゲットを受け入れます。更に、第二仕様では、個別に割り当てられたターゲットにのみ反応します。何回でもティーチング過程を繰り返すことが出来ます。最終的には、第三仕様では、最初に電源を投入した時に覚え込んだターゲットのみを受容する高度な無効化防止がされています。

更に、RSS260の特徴として、直列接続により複数のセーフティセンサを容易に接続出来、安全基準と診断能力に影響を与えずに独自のセーフティリレーにより評価出来ることが挙げられます。また、電磁ロック付セーフティドアスイッチAZM200、AZM300、MZM100などの他のセーフティスイッチと組み合わせる事も出来ます。‚

K.A. Schmersal GmbH & Co. KG
Möddinghofe 30
42279 Wuppertal
Germany
Phone +49-(0) 202-6474-0
Fax +49-(0) 202-6474-100

 プレス

03.03.2016 
 新製品:多機能型セーフティリレーユニットPROTECT SRB-E 詳細
03.03.2016 
 安全への大きな飛躍: AZM 400 詳細
03.03.2016 
 Schmersalは「all about automation 2016」で安全システムコンポーネントを出展します 詳細
31.07.2014 
 N製品シリーズへの衛生認証 詳細
11.07.2014 
 RFIDセーフティセンサRSS260がGIT AWARD にノミネート 詳細
27.06.2014 
 ヴッパータール空中鉄道(懸垂式モノレール)マラソンの準備 詳細
05.06.2014 
 Interpack見本市を振り返って 詳細
03.06.2014 
 コンパクトなデザインで多様な取付:新ポジションスイッチPS116 詳細
28.05.2014 
 高度な無効化防止-汎用取付: RFID使用の新しいセーフティセンサ 詳細
27.05.2014 
 Schmersalセーフティサービス:ロボット・搬送用専門知識豊富なサービス 詳細
09.04.2014 
 SchmersalグループのEHEDGへの加入 詳細
18.05.2010 
 ヨーロッパにおける安全な機械類:第一部 詳細