Schmersalは、産業オートメーションにおける機械、設備及びエレベータにおける安全防護の為の高機能なコンポーネントを極めて広い製品レンジにて開発・製造しています。



『セーフティスイッチ、監視機器』では、防護扉の位置監視及び危険領域・箇所の非接触の保全に関連する豊富なセーフティスイッチギアが紹介されております。また、特殊仕様セーフティスイッチも扱われています。


『安全な信号処理』では、小型機械の安全機能制御に関するモジュール概念などの中央・非中央マイクロプロプロセッサー・システム同様に、(非常停止・防護扉監視などの)様々な安全技術上の機能があるセーフティリレーユニットが紹介されています。


『オートメーション技術』では、様々な動作原則のセンサ同様、様々な使用領域での機械的なポジション監視に関するスイッチが紹介されております。更に、コマンド・表示機器も扱われています。


『防爆機器』では、ガス・粉塵状の爆発性雰囲気の領域内で該当規格に適切に取り付け可能なリミットスイッチ・セーフティスイッチ・非接触式セーフティセンサなどのスイッチが紹介されています。


『エレベータ機器』では、ケージによるエレベータシャフトから機械室まで様々な機能を有する、床・精密調整スイッチ、強制開離扉接点、リミットスイッチ、マグネットスイッチ、非常時緊急システム、非接触式ポジションシステムUSPなどのエレベータ機器が紹介されています。

新製品情報

新製品情報へ

新製品情報

 製品案内

<新製品: AZM 400> RFID機能付電磁ロック付セーフティセンサー
新製品 AZM 400に日本語版カタログが完成しました。

モーター駆動によりロックボルトの位置を制御し、双安定構造により電源無しでもロック状態を維持します。
ロック時の保持力は10000Nで、高い安全性を実現しています。

ロック解除信号を2チャンネル備えており、インターロック機能に加えてロック機能に付いてもPL eを実現しています。

RFID技術により、アクチュエーターを非接触で検出し、しかも無効化防止対策として有効な、個別コード化Highレベルを実現しています。

自己診断機能が内蔵されていますので、より高い安全性能であるPL e/SIL 3を実現しており、3色のLED及び診断出力(OUT)により状態を監視します。

又取り付けに付いても、X方向Y方向とも4mmと動作許容値が大きいので、取り付け時の調整が容易に出来ます。

手動解除、緊急解除機能を有する他、停電時に別電源による電気的解除が可能です。

Schmersal Japan Branch Office
3-39-8 Shoan, Suginami-ku
Tokyo 167-0054
Telefon +81-(0)3-3247-0519
Telefax +81-(0)3-3247-0537

 製品案内

保証内容(英文)