最小限の機能障害によっても、オペレータや製品に深刻な結果をもたらす場合もあるため、セーフティスイッチ製造時、セーフティシステム構築時には、高品質が要求されます。年間10万個のスイッチを製造していますが、責任意識を持ち、個々の製品に対し、要求されるアプリケーションに適切な品質水準を保証します。

Schmersalにおける高品質は、企業文化の他、品質マネジメントにより定められた組織上の体制にも基づいています。また、CAQシステムにより品質関連データが把握・文書化され、企業グループ全体として、高度なプロセス上の安全が保証されています。

以下、品質マネジメントシステムと品質に関する考え方に基づきます。:

規格と認証

Schmersal製品の多くは、BG・TÜV・UL・CSAなどで型式検定済です。また、重要な規格委員会やワーキング・グループにも参加しています。BG(ドイツ職業保険組合)や他の関連機関との協働により、新製品は最初から該当規格を考慮の上、開発されています。

正しい材料

高品質な製造以外、外部からの幅広いコンポーネント供給を必要とします。Schmersalの品質マネジメント責任者は、供給者と協働し、高い品質要求を満たしているかどうか、以下を常に確認しています。:

正しい設備

以下の方法により、Schmersal製品が高品質な製品として製造されるよう保証します。:

正しい製造プロセス

以下の再現可能なプロセスにより、製造中における再現可能な品質が保証されます。:

品質:状態ではないプロセス

Schmersal製のスイッチは世界中で使用されていますが、厳しい条件で10万回以上使用される場合もあり、その場合、Schmersalが達成している高品質水準は、文書化されています。
しかしながら、品質とはプロセスであって状態ではないので、Schmersalは、それだけでは満足せず、文書化された品質データの入念な評価・分析、DIN EN ISO 9001の要求に基づく定期的な社内品質審査により、品質水準を改善する努力を日々行っています。