和文参考情報

ISO14119に基づく可動式ガードの設計
ISO14119「機械の安全性-ガードと共同するインターロック装置-設計及び選定のための原則」は、
欧州機械指令2006/42/ECの整合規格であり、2015年5月1日より現在有効であるEN 1088により移行されます。
そのため、機械のガードと共同するインターロック装置はISO14119に従って設計・選定・設置されなければ
なりません。
このカタログでは、ISO14119または関連規則の考慮の下、規格に適合した
可動式ガードの設計への機械・設備上のアドバイスを行うことを目的としています。

本件、お問合せはSCHMERSAL日本支社迄。

schmersal Japan Branch Office
3-39-8, Shoan, Suginami-ku,
167-0054, Tokyo, Japan
Telefon +81-(0)3-3247-0519
Telefax +81-(0)3-3247-0537

 和文参考情報

14.07.2016 
 セーフティソリューションのtec.nicum 詳細
18.12.2015 
 無効化防止方策 詳細
25.03.2015 
 RFID セーフティセンサーRSS 16 詳細
18.02.2015 
 Schmersal 70周年祭 詳細
07.01.2015 
 2014/2015のイノベーション 詳細
25.12.2014 
 ISO14119に基づく可動式ガードの設計 詳細
26.12.2013 
 製品カタログ 詳細
22.10.2010 
 IFA:物質管理-危険源評価のひとつの方法 詳細
18.05.2010 
 ヨーロッパにおける安全な機械類:第一部 詳細
28.06.2006 
 機械安全へのニューアプローチ 詳細