和文参考情報

IFA:物質管理-危険源評価のひとつの方法
著者:Dr.rer.nat.Dorothea Koppisch、Stefan Gabriel、IFA(Sankt Augustin)
英語版物質管理のスタート画面

雇用者は、労働安全法により、危険物質に従事する際、危険源評価を実施することが義務付けられている。そのため、オランダで開発されたインターネットソフトウェア「物質管理」が提供されている。吸入・皮膚暴露が考慮され、加工製品と作業方法の表示により、製品の危険性と暴露の高さが等級付けられる。それにより、報告された危険源が高過ぎる場合、暴露低減方策が選択可能となる。変換時に、ソフトウェアにより、危険源の高さへの影響を優先順位付けで設定・支援する。IFA(ドイツ法的損害保険・労働安全研究機関)の初回テストでは、吸引・皮膚暴露で多様な結果が示されている。そのため、IFAは、ドイツ語版GESTIS物質管理をインターネットで提供出来るよう準備中である。

 和文参考情報

14.07.2016 
 セーフティソリューションのtec.nicum 詳細
18.12.2015 
 無効化防止方策 詳細
25.03.2015 
 RFID セーフティセンサーRSS 16 詳細
18.02.2015 
 Schmersal 70周年祭 詳細
07.01.2015 
 2014/2015のイノベーション 詳細
25.12.2014 
 ISO14119に基づく可動式ガードの設計 詳細
22.10.2010 
 IFA:物質管理-危険源評価のひとつの方法 詳細
18.05.2010 
 ヨーロッパにおける安全な機械類:第一部 詳細
28.06.2006 
 機械安全へのニューアプローチ 詳細
08.06.2004 
 ヨーロッパにおける機械安全 詳細