目的:規格に適合した監視機器

セーフティスイッチの選定時に、機械安全に関する規格・法規を考慮する必要があります。その際、弊社はお客様をお手伝いします。また、規格策定機関と協働し、関連する国内外規格に従い、セーフティプロダクトの設計をサポートします。

このような複雑なテーマに関する情報は、弊社ホームページで参照出来ます。また、弊社最新出版物『機械・設備設計における安全性』では、欧州域内で統一された安全規格情報が豊富に掲載されています。具体的な質問等ございましたら、弊社の安全技術専門技術者までご連絡下さい。

SISTEMA解説書1:入手可能
(08.10.2010)

設計者がパフォーマンス・レベルの計算を行う前に、機能チャンネルの安全機能・試験済コンポーネントが記述された安全関連ブロック図を回路から分析しなければなりません。SISTEMA解説書1は、様々な構成、次の段階であるブロック図・特性データのSISTEMAへの移行について述べています。  詳細

 
機械指令2006/42/ECに調和された規格公表
(07.01.2010)

欧州委員会は、2009年12月18日付で新機械指令に調和された規格リストを欧州連合官報C309/29で公表しました。  詳細

 
EN954-1:2年延長
(10.12.2009)

EU委員会代表Mr.Iran Fraserの2009年12月23日付発表によると、2009年12月29日付欧州連合官報で2009年12月18日から機械指令2006/42/ECに調和された規格リストの補足が公表され、EN954-1への移行期間が延長されました。  詳細

 
EN ISO 13849-1:2006に関する背景情報
(13.05.2009)

規格EN ISO 13849-1:2006及びEN IEC 62 061:2005の発効に伴い、SRP/CSについて将来的には決定論・確率論上の考察を組み合わせた新たな形が登場します。その際、『決定論的故障』、『ソフトウェア』に関する新たな要求事項があります。お客様が業務上有益となる「新しいSRP/CS規格化」というテーマに関して背景情報を説明します。  詳細