内容

ベルギッシュ・グラドバッハ工場

2012年に、Schmersal グループは、エレベーター制御の分野で先駆的なBöhnke + Partner GmbH Steuerungssysteme 社を吸収合併しました。過去において、Schmersal と Böhnke + Partner は、しばしば共同でプロジェクトを実現する機会があり、エレベーター用の制御装置全体、および配電盤を共同で作成して来ました。そのためこの吸収合併は、Schmersal グループのシステム・サプライヤーとしての位置をさらに強める効果を持ちます。

  • 創立:1994 年(2012年に買収)
  • 従業員数:約80名

主要な活動:

  • エレベーター業界向けのコンポーネント、制御装置、および遠隔診断システムの開発と製造
ベルギッシュ・グラッドバッハ工場

コンテキスト・カラム

代表取締役
Dipl.-Wirt.-Ing. Philip Schmersal
Dipl.-Wirt.-Ing. Philip Schmersal

代表取締役
Dr. Andreas Hunscher
Dr. Andreas Hunscher