内容

ヴェッテンベルグ工場

ヴェッテンベルグ工場は、1952年創立の Elan Schaltelemente 社を、1997 に Schmersal が吸収合併し、2012年に K.A.Schmersal GmbH & Co. KG に統合されて以来、グループの一部になっています。既に80年代からこの拠点では、人身保護機能を持ったセーフティスイッチが製造されています。安全性目的のバスシステムとロボット作業現場での最新式安全システムの開発においても、ヴェッテンベルグ工場はパイオニア的役割を担っています。今日において、この拠点での開発の重点的な任務分野は、主として安全性を目的とした制御技術にあります。

  • 創立:1952 (Akquisition 1997)
  • 従業員数:約180名
  • 1997 に Schmersal グループによて吸収合併、その後 Elan Schaltelemente GmbH & Co. KG として継続
  • 2012年に K.A.Schmersal GmbH & Co. KG に統合

主要な活動:

  • 操作および監視目的のセーフティスイッチの開発と製造
  • 安全リレー素子
  • インタロック装置
  • 安全性目的の制御装置
  • 防爆用(セーフティ)スイッチ
ヴェッテンベルグ工場
ヴェッテンベルグ工場

コンテキスト・カラム

連絡先

K.A. Schmersal GmbH & Co. KG

Im Ostpark 2
35435 Wettenberg

電話番号: +49 641 / 98 48-0
Fax番号: +49 641 / 98 48-420

info@remove-this.schmersal.com

代表取締役
Dipl.-Ing. (FH) Michael Mandel, Dipl.-Ing. Heinz Schmersal, Dipl.-Wirt.-Ing. Philip Schmersal

Dipl.-Ing. (FH) Michael Mandel
Dipl.-Ing. Heinz Schmersal
Dipl.-Wirt.-Ing. Philip Schmersal